国内FX業者のトリセツガイド

Home
 

オススメのページへ

FX でトレーダー になろう
実際 にFX はどうなのか
リスク のコントロール
相場 激変 の心配
取り引き 出費 をチェック しよう


キーワード

固定相場制

移動平均乖離率

公開市場操作

バーチャート

持合い

乖離率(移動平均乖離率)


−今日のFX用語−
シカゴ筋
「シカゴ筋」とは、シカゴの先物市場(CME)で通貨の先物取引をしている人たちのことをいいます。


オススメです!
http://sirius-web.com/worldfx/xm/xm-japan.html

取引 パターン を確認

損失 の回数が少ないとホントに 心理的には楽になりますが、大切 なのは回数ではなくてマイナス の額だと思います。 マージンコールやロスカットルールは大変 ですが、トレーダー の資金 がゼロになるのを避ける 仕組みと考えればオーケー です。

運用成果がさほど 進捗 しないトレーダー のひと は、一度自分のトレード 方法の問題点を措置 してはどうでしょうか。 直感 だけで売買 することなく、自分の規則 をしっかりと作るようにして、理想の スタンスを目指してください。


取り引き 負担 を確認 しよう

たいていは 、市場 の流れに追従していくMACD(マックディー)と、カレンシー の振幅を観測 するスローストキャスティクスを使い分けることは有効 です。 また 、重要 ですので 覚えておいて欲しいのですが、金利が上がれば通貨 も上がるという性質 を持っています。

ところが 、通貨 の流動性が低めだと為替レートがほんとうに 乱高下しやすいものですから、そのポイント はチェック しましょう。 現在 は堅調な経済と豊富な資源という視点 から、カナダドル(CAD)もはやり となっていますから、配慮 したいところです。

FX は要は とても 始めやすいですし、少ない元金 で大きな利益 を出すこともできますから、意外と簡単 です。 MACD(マックディー)という指標は、レート のトレンド を計測 するのに有効 ですから 、ぜひ 活用 したいところです。

一度オーダー が確定してしまったらキャンセル できませんから、レート の現況 と可能性 を把握して用心深く 作戦 を立てたいものですね。


 
© Copyright